スポンサーリンク
転職

リクルートエージェントで大手自動車メーカーに3週間で転職成功!実体験のおすすめポイントを紹介!

リクルートエージェントでたった3週間で大手自動車メーカーへの転職に成功しました。実体験ベースでおすすめの理由を3つ紹介します。1つ目は、サポートが手厚いこと。2つ目は、最初からアドバンテージが得られること。3つ目はデータベースが豊富で企業別の面接対策ができることです。
エアコン

モリエル線図(p-h線図)の見方をわかりやすく解説!冷凍サイクル・ヒートポンプサイクルが理解できる!

空調の原理である冷凍サイクルやヒートポンプサイクルの熱力学的変化が一目でわかるモリエル線図の見方について解説します。モリエル線図には圧力、温度、比エンタルピー、エントロピー、乾き度などの多くの情報が1枚の図に上手に表現されています。
電動化

マツダがプラグインハイブリッドでロータリーエンジン復活!ロータリーを発電機として使う!

マツダがMX-30 e-SKYACTIV R-EVでロータリエンジンを復活させます。今回は、プラグインハイブリッド車になるため、タイヤを駆動させるのではなく、バッテリの発電機として使用されます。発電機として動くことにより弱点の燃費性能の改善が期待されます。
スポンサーリンク
電動化

トヨタが電気自動車(EV)戦略見直し!プラットフォームを専用設計してテスラとBYDに対抗!

トヨタが電気自動車(EV)の戦略の見直し、プラットフォームの設計変更に着手します。このままではテスラやBYDに太刀打ちできないと感じたのでしょう。EVの肝は、パワートレインである「e-Axle」と熱不足に対応する「熱マネジメント」です。
自動車工学

自動車開発プロセスの流れを現役エンジニアが解説!実は開発には約5年の歳月が掛かる!

自動車開発のキーワードはV字プロセスとモデルベース開発(MBD)です。開発は、V字プロセスと呼ばれるコンセプト企画、システム設計、部品設計、試作評価、生産準備の順番で進み、その多くの工程にはシミュレーションを活用したモデルベース開発が導入されます。
エアコン

エンジン車とEVの暖房の仕組み!エンジン車は冷却水、EVはヒートポンプとヒーター!

エンジン車と電気自動車(EV)の暖房の仕組みの違いを解説します。エンジン車とEVでは暖房の仕方がまったく異なります。エンジン車では、暖められた冷却水で暖房、EVでは①PTCヒーターや②ヒートポンプサイクルが主に採用されています。
エアコン

自動車のエアコンACボタンは暖房時は原則OFF!燃費向上にはガラスが曇ったときだけONしよう!

カーエアコンのACボタンの役割について解説します。ACボタンは、コンプレッサのON/OFFを切り替えるためのスイッチの役割をしています。暖房のときは原則OFFにするべき理由を解説します。
電動化

EVのデメリットは①バッテリ劣化による下取り価格低下と②エアコン使用時の航続距離低下!

電気自動車には①バッテリの劣化によるリセールバリューの低下と②エアコン使用時の航続距離の低下という大きなデメリットがあります。今回は、それらのデメリットが生じる理由と自動車メーカーがどのような対策を行っているか解説します。
電動化

EVのバッテリ劣化対策には冷却が重要!3つの冷却方式(空冷・水冷・冷媒)の仕組みを解説!

電気自動車の最大の課題は搭載されているバッテリの経年劣化です。バッテリが劣化すると、航続距離が短くなったり、リセールバリューが低下したり様々な問題が起こります。劣化を防ぐためにはバッテリの冷却が重要であり、今回は空気冷却・水冷却・冷媒冷却の3つの冷却方式のメリット・デメリットを解説します。
電動化

トヨタが市販化を目指す水素エンジンの仕組みとメリット・デメリット!燃料電池との違いも解説!

トヨタが市販化を目指している水素エンジンとの仕組みについて解説します。今回は、水素エンジンと燃料電池のエネルギー変換の仕方の違いと水素エンジンのメリット・デメリットについて触れていきます。
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました