自動車工学

スポンサーリンク
自動車工学

冬は夏より30%燃費が悪くなる!その原因6つと対策法3つを紹介!

冬は夏よりも燃費が約30%も悪化します。今回は冬に燃費が悪化する原因6つとその理由について解説をします。また、冬の燃費悪化を極力減らすための対策法も3つ紹介します。
自動車工学

自動車で使用されるセンサの種類と使用例を紹介!制御システムに必要不可欠!

自動車で使用されるセンサを種類を体系的に紹介します。センサは人間の目や耳などの感覚器官の代わりをしてくれます。センサによって得られた圧力や温度などの物理量を制御システム内で用いることによって、自動車は様々な状態量を適切にコントロールしています。
自動車工学

油圧の仕組みから活用例までを体系的に解説!初心者にもわかりやすく説明!

油圧について体系的に解説します。油圧の活用例、メリット・デメリット、動作原理はもちろん、作動油に求められる性質や油圧回路の基本構成と各部品の機能についても解説していきます。
スポンサーリンク
自動車工学

熱交換器の原理と種類をわかりやすく解説!

熱交換器の種類とその原理を解説します。自動車には、エンジン・カーエアコン ・エレクトロニクス領域で多くの熱交換器が使われています。それぞれの熱交換器の特徴とその原理について解説します。
自動車工学

自動車開発プロセスの流れを現役エンジニアが解説!実は開発には約5年の歳月が掛かる!

自動車開発がどのような流れで進んでいくかを解説します。まず、自動車の開発には約5年もの年月が掛かります。そのフローは、コンセプト企画、システム設計、部品設計、試作評価、生産準備という順番で開発が進められていきます。
自動車工学

モデルベース開発(MBD)のメリット・デメリットを現役自動車開発エンジニアが解説!

モデルベース開発(MBD)は自動車開発において今後のCASEに対応するために必須の技術です。この記事では、MBDのメリット・デメリットの両面とMBD成功の鍵となる3つの因子について解説します。
自動車工学

自動車の燃費が向上する方法を科学的に解説!3つの走行抵抗を減らすことが重要!

燃費のいいエコドライブを実現するためには、3つの走行抵抗を低減させなければなりません。それは、空気抵抗、タイヤの転がり抵抗、車体の加速抵抗の3つです。今回は、これら3つの抵抗を科学的に分析し、低減する対策を解説します。
自動車工学

【MBD事例】モデルを使って空冷/油冷/水冷の冷却性能を比較

空冷・油冷・水冷の概要を説明し、簡単なモデルを使って冷却性能の比較を行います。冷却性能は水冷>油冷>空冷の順番になり、それは比熱の大きさと対応しています。比熱が大きくなると熱容量が増加し、熱を蓄えられる量が多くなるのです。
自動車工学

【自動車MBD】MILS/HILSに適切なプラントモデル要件

モデルベース開発のMILS/HILS用プラントモデル要件を解説します。MILSでは汎用性が重視されるため、物理モデルで構築されていることが重要になります。一方、HILSでは精度と速度が重視されるため、マップモデルやディープラーニングモデルなどの統計モデルが適切です。
自動車工学

【MBD事例】空調に可変容量型コンプレッサを使うメリットとモデル化手法

可変容量型コンプレッサを簡易的にモデル化します。可変容量型コンプレッサは運転中にシリンダーの容積が変化するコンプレッサのことです。この記事では、従来の固定容量型に対する可変容量型メリットと可変容量型コンプレッサの吐出流量、駆動動力の計算方法を説明します。
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました